こんなに怖い! 犬の歯と全身の病気との関係

人間で考えてみても、歯って生活の質に大きく関係しますよね。

歯が痛いと食べるものも美味しくないし、食べるのも怖くなる。それは犬も一緒です。

ワンコの食事も手作り食も増えてきて、歯石が付きやすく、歯の病気になりやすい環境になっています。

最近は飼育環境も屋外より屋内、位置づけも番犬より家族と考える方の方が多くなっています。

ワンコの寿命も3倍に伸びていると言われている時代、犬の歯科、ホントに大事ですよ~。

歯と病気の関連性

そんな環境下、日本だと3歳以上の成犬の約8割が、歯周病だと言われています。

犬には殆ど虫歯はないということですので、犬の歯の病気と言うと、歯周病が中心になります。

歯周病がオソロシイのは、歯を痛める、失うだけではないんですよ~。

歯根の膿が飛び出してしまう

歯周病が進行すると、歯周病菌が歯の根元に膿がたまって、鼻に達したり、膿が頬から飛び出してしまうこともあるんですね。

鼻に達すると、鼻水が、重症になると鼻血になってしまいます。

また、目の下から膿が飛び出してしまうこともあります。

想像するだけで涙が出そうになります、、、、、!

そんな状態になると、歯もグラグラになって、食事の度に歯が圧迫され、ワンちゃんもかなり痛みが強くなってしまいます。

顎の骨がもろくなる

歯周病菌が歯の根元に入り込むと、歯を固定している顎の骨にも歯周病菌が達してしまうことがあります。

更に骨が炎症を起こして、徐々に解けてしまうことにもなりかねないと言うことです。

そうすると顎の骨が非常に弱くなり、ちょっとしたことで骨折してしまうことも。

当然痛みもひどい。これも想像するだに泣けてきます。

心臓への影響

歯周病菌が心臓に達すると、心疾患を引き起こす可能性も指摘されています。

人間の場合は、血管内に歯周病菌が入り込んでしまうと、冠状動脈に達すると冠状動脈に血管沈着物が形成されて、血液の流れが悪くなり、心血管の病気が発症しやすくなる、と言われているんですよね。

それと同じことが犬にも言えるでしょうと。

あとは、心臓の弁膜不全症の原因になると言われていますね。

心臓の弁、というのは心臓の4つの部屋を分けて、血液が出て行く時は開いて、出ていった後は逆流が起こらないよう閉まる弁です。

心臓の血液に歯周病菌入ると弁にも歯周病菌が付着して、幾重ものひだでできている弁がバラバラになってしまい、上手く閉まらず、血液の逆流が起こるようになってしまいます。

これが、心臓弁膜症です。

血液が逆流すると次第に心臓肥大になり、ひどくなってくると肺水腫を起こして、最悪は命にかかわってしまう怖い病気です。

うちのコの僧帽弁閉鎖不全症も歯周病菌が原因の可能性も相当あるなあと思って大反省しています。

肝臓・腎臓への影響

歯周病菌が血液に乗って全身を駆け巡ってしまうと、肝臓、腎臓にも達してしまいます。

歯周病菌は血管沈着物(プラーク)を形成する、と言われているので、肝臓、腎臓への悪影響も指摘されています。

本当に恐るべし、歯周病菌。しかも、歯周病菌は移るんですよ。

人間からペット、ペットから人間へ、という感染も報告されているようです。

人間の犬も、歯は一生もの、大事にして、健康で長生きできるよう、ケアをしましょう!

ペットの歯のケアの詳細はこちらですよ。