犬と北海道温泉旅行!ヒルトンニセコビレッジは星3つ!

こんにちは。Marineです。

ちょっと前ですが、秋に北海道のヒルトンニセコビレッジに犬連れで宿泊してきましたのでご紹介いたします。

かなり自然にワンコと人間が共生できるホテルだなと感じました。

こちらのホテル、冬のスキーシーズンはほぼ外国。スタッフも飛び交う言葉も日本語以外の別世界です。

そんなグローバルなマインドがとても心地よいホテルでした。

ロビーはキャリーにいれていればOK

チェックインの際には、承諾書とワクチン注射証明書が必要です。
ロビーに入る際は、バッグに入れてチェックインし、ラウンジでのウエルカムドリンクもそのまま頂いてしまいました。

ホントはラウンジはバッグに入れていてもNGだったそうですが、オフシーズンで空いていたのと気が付かれなかったのでそのままいただいてしまいました、、、。
これはうっかりです!申し訳ありません、、、!

宿泊できるワンコは10キロ以内、2匹まで宿泊できます。

ヒルトンニセコビレッジのドッグ規約はこちらになります。

内容、緩いです笑。

これを見て、

「部屋にペットだけ残してはいけないとありますが、食事はどうすればいいのでしょうか」

と尋ねたところ、

「お近くで済ませていただくとか、、、テイクアウトしていただくとか、、、、」

という、ちょっと歯切れの悪いお言葉。

じゃあ、朝食ブッフェ付きで予約したのだけどどうするの?とは大人として突っ込めません^^;

近隣のお店のご紹介をいただいてひとまず部屋へ。

ちなみにエクシブ湯河原離宮では、ベッドはもちろん、和室、ソファにも上げてはいけないと書いてありますが、ヒルトンニセコビレッジのペットプランの案内写真ではワンコが椅子に座っています。

でも、汚しちゃったらお金を取るよ、っていうスタンス。

良いと思いました!

うちのコはソファを含めて部屋の中を嬉しそうに走り回っておりました。

ペットルームのファシリティ

ペットルームがある8階を歩いていたところ、ワンワン!という犬の鳴き声がちょっと聞こえてきました。

こちらのフロアに集中しているのでしょうね。
ひと様のワンコの鳴き声がすると、ほっとします。

お部屋は、羊蹄山が正面に見えるナイスビューでした。

お部屋は普通のお部屋で、ベッドとトイレとトイレシート、ステンレスの食器が置いてありました。

ケージはナシです。この辺りも海外仕様っぽい緩さです。

普通のお部屋、この感じがとてもよかったです。

屋外施設

ヒルトンニセコビレッジのセールスポイントは何といってもスキー。冬がトップシーズンで、海外からの観光客でいっぱいになります。

冬もペットルームはあるようですが、ワンコにとって楽しいのは冬にはスキー場になる、広大な自然体験グラウンドです。

ドッグランもあるのですが、ドッグランに入れると「はて?」と首を傾げてお座りしてしまううちのコ。「せっかくお金払って入ったのだから、走りなさい!」とセコイことをつい言ってしまう私の気も知らず、決して走らないので、ここをブラブラとお散歩するのは最高です。

ペットオーケーの宿でも、周りに何もないと一緒に楽しめないので、とっても良かったです。

ヒルトンニセコビレッジに犬連れで行くのに必要なもの

最後にヒルトンニセコビレッジにいくのに必要だなと思った持ち物としつけ的なことを振り返りますと、

まず、持ち物。

トイレ用マナーウエア、タオル、洋服、マット。
トイレ用マナーウエアは定番です。
他のワンコの匂いは人間では分かりませんが、ワンコにはきっとわかるはずです。

外の散歩が楽しいので、泥だらけになった足をしっかり洗ったあとに足を拭くタオル。

あと、ケージがない分、歩き回りが多くなると思うので、抜け毛防止用にも洋服を着せました。
ちなみに、海外でその感覚で洋服を着せていたところ、「なぜそんなことするのか」と聞かれ、理由を説明しても「分からない」と虐待を疑われました笑。

また、慣れない場所でお水入れを引っくり返さないように食器スタンドは便利ですよ。

そして、館内での食事が付いている時1人ずつ変わりばんこ、、、、、しかないんですが、予約も普通に二名で通っているので、そこは上手くやってくださいよ、ってことと勝手に解釈させていただいて、ちょっとだけお部屋に残して、、、、ってしたい。

その際、ワンコにはストレスかけたくないし、大騒ぎをして欲しくない。
後追いされてドアに突進されて挟んだりしたら最悪だし、ドアを開けた時に飛び出して来たら危ない。ちなみにお部屋の中に仕切りドアはありませんでした。

うちのコの場合、バスルームに入れました。
バスルームにベッドと、持ってきたいつも使っているマットとオヤツを置いてお留守番です。
予行練習として、おやつを上げて、ドアを閉めてちょっと待ってドアを開けて、というのを徐々に時間を長くしながら何度か繰り返してみたところ、理解したようで大人しくしていてくれました。

ヒルトンさん、すみません。
でも、温泉はともかくとして食事をバラバラにって辛いんです。聞かなかったことにしてください。

ヒルトンニセコビレッジ、とってもお薦めです!

ヒルトンニセコビレッジアクセス

お薦めしたところでアクセスです。

住所:〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
電話:0136-44-1111

千歳空港からはトップシーズンは有料リムジンがあります。
また、JR函館本線 倶知安駅からホテル無料シャトルバスがあります。
 
冬場はしようがありませんが、雪がなければ車が断然便利です。
ゴージャス!ラグジュアリー!ではないですが、大自然に親しめて、24時間温泉につかれて、ワンコと一緒にとってもリフレッシュできるいいホテルでした。
 
また行きたいです。wan旅、星、みっつ!☆☆☆笑